Entry : main   << >>
自然界における『イクメン』現状。
0
    人間界でも 『イクメン』 は定着しつつあるけれど、こちらも負けてはいません。
    こちら、ロシア動物園のクマのバルさん。
    彼は現在生後4か月の一人娘のディバちゃんの子育ての真っ最中。
    『イクメン』 ならぬ 『イくまン』?!

    通常クマは母親が子育てをするのだが、バルさんは自ら積極的に子育てに参加し、娘をやさしく抱き上げ頬ずりをしたり、一緒に遊んだりしているのだ。
     娘を抱き上げてキスするバルさん。

     ディバちゃんもパパと遊ぶのが大好き。

     妻のマーシャルさんにも心配りを忘れないバルさん。

    動物園の飼育員さんたちもこの光景に唖然としているんだって。
    っても、人間界でも今流行りの 『イクメン』 をほんの20年〜30年前の昭和時代に自発的に行う男がいたら、きっと世間様は 『唖然』 としただろうね。
    | FRB | 11:58 | comments(0) | - | - | - |
    Comment







    PR
    New entries
    Recent comment
    Recommend
    LIVE THE LIFE I LOVE
    LIVE THE LIFE I LOVE (JUGEMレビュー »)
    THE BAWDIES
    メジャーになると思ってたよぉ。

    癖があるのに使いやすい、あらゆるイベントシーンにマッチ!
    Profile
    Categories
    Archives
    Links
    Admin
    Genius Party