ムカつくライン。
0
    むしろローラは可愛いと思うのですが、鈴木奈々はイラッと来ます。
    マドンナは名前の如くマドンナですが、ガガがマドンナの再来と呼ばれることには閉口します。

    つまり・・・美人が好きな訳ね。

    ハーイ♪みんなはどうかしら?ウフフ〜♪
    | FRB | 20:19 | comments(0) | - | - | - |
    子どもは正直?!
    0
      まぁどこの子でも一緒でしょうが、基本子どもはスーパーなんかに行くとテンションがアゲアゲになります。
      結果、店の通路と言う通路が天井天下唯我独尊で前後不覚で五里霧中、自分が見たいものへまっしぐらな訳で、
      自分が通路塞いでるだの、自身より多分にヨタヨタしてる年寄りの存在だの全く気付きません。

      天音と買い物中にも市場の通路をテンション高げに占拠している坊やがおりまして、
      私に手は引かれているものの、彼と同じく全く前を見ていない天音と
      すんでのところで、ゴチンコしかけたところに、
      坊やのおばぁちゃんらしき人が「タッくん!そこにおると人の邪魔になるやろう!」とたしなめる。
      ハッ!と我に返ったタッくん、天音の横をスルリとすり抜けて私たちの背後から出てきたおばぁちゃんの元へ。
      「あんたなぁ、おばちゃんたちの邪魔になるから道で遊んだらあかんやろ?」と、おばあちゃん。
      そこでタッくん一言。
      「うん。でも、ばぁちゃん。「おばちゃん」ちゃうで「おねえちゃん」やで。」
      おぅっ!タッくん!ええ子やっ!!と私がつないでいた天音の手を思わず強く握りしめた直後。

      「え?おねえちゃんか?おばちゃんやろ?・・・まぁ、どっちでもええけど。」とおばぁちゃん。

      ・・・どっちでもええなら肯定しとけよ、クソババァ。
      | FRB | 22:57 | comments(0) | - | - | - |
      イケメンカテゴリー
      0
        実は「ぼ〜」とするのが滅法好きなのに、
        なんで私の毎日 (と言うか、もぅどうやら人生レベルな話になりつつあるんですが) って人知れずいつの間にか、こぅ忙しくなるんでしょ?

        しかも、実は人の上に立つのが苦手 (素質の問題ではなく、使命感が強すぎるので、ついまじめに考えすぎる故。) やのに、そこへ立ってるもんやから、
        ちょっと最近自分に嫌気が差して来てる。

        何が原因かと言うと、煩雑でルーチンな仕事にうんざりしてる (飽きてる。) んですね。 (なんとかしようと、新たに別のこと考察中なのですが。)

        さて、旦那と結婚してから、従来の半減。
        天音が出来てから更に半減、したもの。
        それは「触手」 
        いわゆる「チョッカイ×系のオイタ」です。
        ある意味、DNAレベルで女子力が低下しているのか?!なんて、まぁそれは実物見て判断しておくれよ、ってことなんですが、
        以前と比較しても例えば、道歩いて「おっハート」と思う事がほとんどなくなったのは確か。

        ただねぇ、やっぱり身近にイケメンが居るのと居ないのとでは気合いの入りようが違う。
        (いやそりゃもちろん旦那よりハイレベルな人でないとそれは意味がないんやけど。)
        色気抜きでも、現場でもかわいい子が居ると単純に た〜のしぃ〜 やないですか?

        そういう意味ではうちの事務所は・・・ひょえ〜全く楽しくねぇ〜(泣
        (まぁもぅそう言うところに、気概を求めている時点であかんねんけどね。)

        ところがですわ。
        あくまでファン層獲得のために作り上げ〜の持ち上げ〜のしてたうちの商品さんたちを改めて見回すと・・・
        あれま。意外とイケメン揃いではないですか。
        特にBのチームのルーキーなどはか〜な〜りのイケメンなのですね。
        こっちが商材的にその気にさせようと、顔見るたびに
        「○○、最近人気上がってるでぇ!」
        とか、
        「よぉ!今日も男前や〜ん。」
        などと、褒め殺しにするもんだから、最近ちょっと眼が合うとハニかんだりしやがるんだコレが。

        お。よぉ見たらカワイイやないか〜い (ケンコバちっくに。)

        まぁいくつであっても男たるもの、年上であろうがなんであろうが女に褒められて悪気はしないんでしょうね。

        ただ・・・ふと記事編集なんかしてると・・・プロフィール1987年生まれ・・・・・ブッ!だわなぁ(爆)
        あかんあかん。もぉそーゆーのはあかんでぇ〜! (いやいやそーゆーんでなくてもあかんてな。)

        ま。次のターゲット (ビジネスのな。) が定まるまで、気休めレベルの目の保養と言う事で。
        | FRB | 23:58 | comments(0) | - | - | - |
        命短し○○せよ、××。
        0
          とりあえず、多忙にも一心地つきそうでございます。

          もちろんアタクシのやうな自由業な場合、自分次第なんですけどね。
          あれ?つーか・・・自由業なのか?アタシは。
          自営業でないことは確かなんだけどね(辞めたし。)・・・うぬぬ・・・自分がイマイチよく分からない。

          つーことは・・・「ジユーだーーーーっ!」ってことにしトコ。

          さて、目下の課題ですが、「ある連中ともっと懇意になること。」だったりする。
          あ〜めんどくせ〜あ〜しちめんどくせぇ。って自分出してたらダメダメなのね。

          その筋の人に聞いたらば、敵は
          1)プライドが高くて
          2)人見知りで
          3)なんだか誤解が生じているらしい

          どひゃぁ〜!!! やっぱりめんどくせぇ(泣
          ま、と泣きごと言ってても仕方ないので、ちょっとひっかけられる数名からなんとか切り崩しの突破口を見つけましょ。ったら。そうしましょ。

          さて、後はPDF起して終い!(じゃぁ早くやって寝ろ!)
          ま〜たこれが・・・・我ながらカッチョいいんだ〜あははははは〜(超自画自賛)
          ところで・・・みなさん。
          最近、徹夜するとバレるんですね、いや世知辛いというか何と言うか・・・つまり歳ってことね・・・はぁ。(だから早く寝ろって。)

          明日は指示出し出勤前にじっくり沐浴して、美容液&パックしまくり〜うははははは〜
          | FRB | 03:50 | comments(0) | - | - | - |
          美系健在
          0
            10年ぶりに旧友と逢う。
            彼女も私同様「えっ?!あんたが子ども産んだ?!」と言われるタイプである。
            今は亡き、ミナミの某REGGAE-CLUBで夜な夜なフラフラしたり、フラフラになったりしたものである。

            「え?!どこでどうなってこうなった訳?(と互いの子どもを指さす。)」
            「え〜と・・・いつまで知ってたっけ?(ニヤニヤしながら指折ったり)」
            「・・・○○とか。(○○には人名ね。)」
            「ぎゃははっ!!!遠い昔の話やてば。」
            「え〜っ!!!ちょっと待って!順を追って説明して!!!」

            と、言うくらい会っていなかったのだが、この手の友は一気に時間の距離を縮めることが可能・・・と言うか、距離?ないね、んなもん。

            あるのは積りにツモったネタばかり・・・(笑

            10年ぶりの彼女はほとんど変わらず。
            相変わらず、プリッとしたかわいいご面相で、4歳の娘に「ママはかわいい♪」などと言われ、スパッツにミニスカなぞ召して、ネイルもひときわ輝いていた。

            もちろん、今も昔も自分に手を抜かない彼女のなせる業でもあるんだけれど。
            にしても・・・やっぱ昔スッ飛ばしていた系は老けないねぇ。

            | FRB | 01:35 | comments(0) | - | - | - |
            いま最もアメリカンなスポーツ。
            0
              スポーツをするには、とーーーーってもいい季節になってまいりました。

              私も今週あたりからスポーツのお仕事が・・・な状態。

              さて、100年に一度の金融危機に喘ぐアメリカで、今注目のスポーツといえば、こちら。




              まぁ、なんて綺麗なおねぇちゃんたち。
              チアでしょうか?
              いえいえ、違うんです。
              彼女らは
              レッキとしたプレイヤーなんですね。

              何のプレイヤーかと言うと・・・
              お分かりですか?そう。 『アメリカンフットボール』 なんです。

              ただし。ユニフォームの規定が
               『ランジェリー』  『防具』

              これ、元を辿れば、アメリカンフットボール最大のスポーツイベント 『スーパーボウル』 ハーフタイムショー。
              下着姿でフットボールをする 『ランジェリーフットボール』 がリーグ化されて、今年9月から本格的な試合も開催されるようになったんです。
              う〜ん。 100%アメリカンな発想。 脱帽。

              で、もちろん、審判も・・・
               超セクシー。

               勝鬨も華やかに・・・。

              で、この最後の一枚。
               ・・・ブ、ブラだよね・・・コレ。


              | FRB | 23:41 | comments(0) | - | - | - |
              元祖美少女。
              0
                誰かわかります?



                ゴクミです、
                後藤久美子  夫:ジャン・アレジ

                たまたま某バナーで目に留まったんですが・・・。
                なんとも
                 エキゾチックセクシー 大人の魅力満開ですね。

                見た目も然る事ながら立ち居振る舞いも合わせて、優美な人を見るとなんというか、
                人間を見ていると言うよりも、
                美術館で鑑賞しているような、ひとつの景色を眺めているような
                「ホゥ・・・」と安堵的なため息が無意識に漏れて口角が緩んでしまいます。

                やっぱり、
                美しいって素晴らしい。 
                人間の脳の美しいと感じることができる機能に感謝。
                | FRB | 16:40 | comments(0) | - | - | - |
                美しさの分岐点。
                0
                  下世話なお話なんですが、夏のライダー映画の予告を見て、ちょっとショックを受けた事があります。実はライダーの制作発表の時から 
                   『・・・え?』 とはおもっていたんですけれど。

                   う・・・う〜ん・・・う〜ん・・・。

                  ず、ズングリムックリ・・・ヤバイッ!!!コレはかなりヤバすいるでしょ!!!!! 

                  なんか勝手にずーーーっと持っていたイメージは
                  もっとシャープな感じだったんですが、どこ時点で?!
                  今のGACKTって、まるで
                  薬中入院明けの宍戸錠(あくまでイメージ。宍戸さんは薬中ではありません。)みたいに見える。
                  クリームシチューなどが出演している某TV出演時も、相変わらずのカリスマぶりは発揮してましたが・・・

                  み・・・見た目が・・・引力に引きづられてまスた。




                  逆に 『相変わらず美しいなぁ・・・』 と思うのが 福山雅治。



                  いつみても、ほんと相変わらず綺麗な人だと感心します。
                  それ以上に、
                  最近凄くいい歌を書くと思いませんか?この人。
                  例えば、NEWS ZEROのエンディングテーマ
                   『道標』 とかね。

                  ♪人に出会い、人を信じ、人に破れて、人を憎み、人を赦し、また人を知る。
                  ♪風に吹かれ、泣いて笑い、生きるこの道、貴方の笑顔それが道標。

                  綺麗な優しい歌詞と言えば、代表格として 『コブクロ』 なんかもありかと思うのですが、
                  それ以上に最近の福山は何が凄いって 
                  『簡素な言葉で聞かせる。』 それが凄いと思うのです。
                  まるで
                   『読みやすい内容の詰まった企画書』 みたいです。
                  思わず
                   『残響』 買ってしまいそうです。 (笑
                   NewAlbum 【残響】

                  確かGACKTも福山雅治も、歳は変わらない筈・・・。
                  男は(いや人間は、かな。)30代からが勝負、と世間でよく言いますが、ほんまに30過ぎてから人の顔って歩いてきた軌跡が投影されてるんじゃないかと言う思いが、最近更に核心に近づいてまいりました・・・。
                  ・・・・・自分も気をつけよ。

                  ちなみに福山雅治が昨年 REGZA のCMにで出してからかなり東芝のシェアは伸びたらしいです。
                  『え〜そんな理由でTV買う?!』 とも思ったのですが、よくよく考えらた自身もデジカメ買う時に
                  『オダギリにしようか、岡田君にしようか・・・』とヨドバシのデジカメコーナーで流れているCMを見て悩んだ覚えが・・・ハハハ。

                  つまりは性能的にチョイスする差がサンプル観てるだけじゃ分からないので、安易な選択肢に流れたんですが

                  ・・・イメージって大事ですよね〜^^;
                  | FRB | 15:38 | comments(0) | - | - | - |
                  キラキラを手に入れよう。
                  0
                    元々非常に爪が割れやすく、特に二枚爪になりやすかった私ですが、
                    最近生まれてこの方ないと言うくらい非常に爪がしっかり割れることなく、欠けることなく伸びだしました。

                    なので、折角美しく伸びた爪をほぉっておく手はないと、最近ではネイルアートを欠かしません。

                    中でもお気に入りが、
                     ストーンを使ったアート。 クリアベースに施しても見劣りしないので、
                    どんなファッションにも合わせやすく 且つ存在感をアピールしすぎずに 上品に仕上がります。

                    以前はストーンを使う場合ベースを塗った後に、1個ずつピンセットで貼っていたのですが、
                    これがなかなか
                    時間と根気と手先の器用さが必要です。
                    もちろん、
                    ネイルショップに赴き多少凝ったものを施してもらうと、
                    ケアも含めて、同じく時間がかかり料金も
                    数回で半輝石レベルの指輪が買えてしまいます。

                    きっとそんな理由でネイルアートを諦めていた方もいらっしゃるかとは思いますが、
                    そんな方にもお薦めなのが、最近さまざまな種類が増えてきた
                     『ネイルシール』 です。 

                    チップと違い、接着剤も使わないので、爪が弱ったり、色が変色したりすることもなく、施工もとても簡単。
                    普通のシールと同じく、爪の貼りたい部分にペタッと貼って、後はトップコートを塗るだけです。
                    デザインに寄りますが、お値段も¥300〜と非常にリーズナブルなライン。
                    TPOに合わせていろんなカラーストーンを楽しみたいけれど、揃えて行くうちに細々したネイルパーツが増えてしまったと、
                     
                    整理に頭を悩ませる必要もありません。

                    また長持ちさせたいなら時々コットンと綿棒を使って、簡単なお手入れでOK。
                    リムーバーで表面のトップコートを拭き落とし、再度、上から新しくトップコートを塗りなおすと、
                    通常より長持ちする上に見栄えも美しい状態を保てます。

                    また自爪が弱くてとお困りの方は、爪切りを使わずに必ずやすりを使うことは基本ですが、
                    ネイルを塗る前に必ず
                    キューティクルオイルを塗りこんでくださいね。 
                    甘皮を排除した部分や爪の左右脇に少量落として、マッサージするように刷り込むと効果的です。
                    これからの
                    季節に向けての乾燥対策や、逆向けの防止にもなるので、指先が一層美しく見えますよ!

                    是非お試しあれ!


                    ***************************************

                    さて、余談ですが、数日前から東京の某ホテルに缶詰めの私。
                    今夜は久々に皆さんもよくご存じのあの方と一席設ける予定です。

                    場所は・・・恵比寿ガーデンプレイスで・・・と言えば、もぅお分かりですよね(笑

                    ***************************************





                    | FRB | 08:17 | comments(0) | - | - | - |
                    好みの問題。
                    0
                      少し話題的に乗り遅れぎみですが、始まりましたね 『北京五輪』

                      日本メダル取得は 『ママでも金太郎』(?!) 谷亮子選手 『銅メダル』
                      その後、予選落ちや入賞に止まる、など、今一奮わない日本勢ですが・・・
                      後は
                       『愛ちゃん』 くらいでしょうか。

                      とは言え、世界の表舞台に立つ方々。
                      『メダル獲れなきゃ意味がない。』 なんて方も一部いらっしゃるようですが、
                      出場されるだけでも、世界有数のTOPアスリートには間違いなく。
                      ここへ行きつくまでには、私たちが想像を絶ずる様な日々の努力に明け暮れてきたことでしょう。
                      私はそんな彼らの存在を讃えたい思いで一杯です。


                      さて、今回素晴らしかったのが、開幕式。
                      正直、中華街のお祭り的絵を想像していたのですが、なんのなんの。
                      ロス5輪あたりから開会式のエンターティメント性がかなりクローズアップされていますが、
                      今回の中国独特の人海戦術と、歴史を絡ませたストーリー性とビジュアルの美しさは他国の追随を許さないものでした。
                      総合演出を手がけた
                      張芸謀(チャンイーモウ)監督は記者会見やテレビ番組などで、
                      その舞台裏などを明かした際に
                       『世界のすべての人が百点満点と評価すべきではないか』 と開会式を自賛。
                      一部マスコミに
                       『やり過ぎではないか。』 との批判も上がっているようですが・・・。
                      いいじゃないですか、数十年に一回の国を挙げての祭典ですもん。


                      まぁ、自然保護とエコロジーを訴えている裏で、雨雲を触発するためにガンガンミサイル打ち上げていたことには、
                      多少、中国と言う国の薄ら寒さを感じはしますが・・・。

                      また今回の五輪マスコットは 『五人の幸せを呼ぶ5人の童子』
                      貝貝(ベイベイ モチーフは魚)海洋を象徴。
                      晶晶(ジンジン モチーフはパンダ)森林を象徴。
                      歓歓(ホアンホアン モチーフは聖火)火を象徴。
                      迎迎(インイン モチーフはチベットアンテロープ)大地を象徴。
                      妮妮(ニーニー モチーフはツバメ )天空を象徴。
                      五行思想の教えに沿ったものですね。
                      ちなみに、マスコットの名前をすべてつなげると、中国語で
                      『北京歓迎你』(「北京へようこそ」と同じ発音)」となるそうです。
                      なかなか可愛いので私は好きなんですが、
                      名付け親のみうらじゅん氏には「餃子屋のマスコットみたいなキャラ」と評されたとか・・・。
                      ・・・・・確かに否定はできません。

                      さて、開会式が終了して、選手団入場の折、
                      最初に登場した
                      ギリシアの選手団の美しさも然ることながら
                      個人的にはやはり、中東以西から地中海を臨むポルトガルまでのあの地域の人種的な美しさには目を奪われぱなしで。
                      すっきり伸びたスレンダーな肢体に、鼻筋の通った堀の深いくっきりとした目元、そして褐色の肌。

                      あぁ・・・なんて美しい人々なんでしょうか。

                      まぁ、単なる好みの問題なんですが・・・(笑 
                      | FRB | 16:30 | comments(0) | - | - | - |
                      PR
                      New entries
                      Recent comment
                      Recommend
                      LIVE THE LIFE I LOVE
                      LIVE THE LIFE I LOVE (JUGEMレビュー »)
                      THE BAWDIES
                      メジャーになると思ってたよぉ。

                      癖があるのに使いやすい、あらゆるイベントシーンにマッチ!
                      Profile
                      Categories
                      Archives
                      Links
                      Admin
                      Genius Party