チビと中庸系
0
    AKB48好きの娘と中庸しようと洋楽好きが色々聞かせてたらこの辺りが良いらしい。

    Stevie Wonder 愛しのアイシャ
    Bob Marley - One Love
    JIMMY CLIFF - I CAN SEE CLEARLY NOW

    マイケルだのイーグルスだのサラブライトマンだのケイティペリーだの色々聞かせても
    「ナイ。」(無い)
    と冷酷告げるだけに、モータウン系とかレゲ系が良いらしい。

    そういや、ハッピーフィート1のTOPにもっとチビの時から反応してたな・・・
    | FRB | 00:14 | comments(0) | - | - | - |
    熊本滞在記
    0
      またもや熊本滞在中ですが、
      昨夜クライアントと一緒に某ラウンジにて。
      ラウンジっつーても、都会と違い、衣装はムーンなイブニングでも、ノリはスナック。
      な訳で、当たり前のようにカラオケ大会が始まり。
      「大阪!大阪のうた歌って!」とリクエストがかかり、部下どもに適当に振っていたのだが、
      なんつーかなぁ・・・盛り上がらんのよね。
      「これ、やしきたかじんの歌ね?東京しか知らんたい。」とか、
      「桑名正博言いよったら、セクシャルバイオレットNO,1しかこっちでは聞かれんばい。」とかね。

      よっしゃ、あたしがこっちでは聞きよらんばってん、大阪っちゅー大阪のうた聞かしちゃるけん。
      「大阪ストラッド」で、ぶわーといってぐわーっとまがって、ぼーんでしゅっ!たい。

      いや〜客からおねーちゃんまで、店中大盛り上がり?
      「いやぁ〜大阪の人はすごかねぇ。」
      「はぁ、勢いがちがうばってん。」
      「こう言う人はなかなか熊本にはおらんけんね。」
      ・・・異物か色モンですかね、やっぱし。

      うちのクライアント?数名いたなかの約1名(主担当)がドン引きしてました。
      また今後もいい仕事しましょうね〜ウフハート
      | FRB | 09:56 | comments(0) | - | - | - |
      AKB48・・・到底アタシのタイトルっぽくないが。
      0
        で。
        なんでまた私が 「AKB48」 なのかと言うと、
        現在、うちのお嬢が 「ミッフィーちゃん」 と引けを取らぬほどのお気に入りでございまして。

        うん。もしかすると、女の子の 「団体歌唱演舞」 がお気に入りなのか?と実験してみたが、
        これがまたモー娘。でもなけりゃ、少女時代やKARAでは反応しないから面白い。

        いや〜趣向なんだね?自我の芽生えなんだね?娘よ!!!

        特に 「ヘビーローテーション」 がかかると何を置いてもTV前にスタンバり、それこそKARA顔負けに尻を振りまくり、諸手を挙げて踊り狂う。
        更に時々こちらを振り返って 「どう?あたちイケてる?!」 と確認の眼差しを送ってくる周到さ。

        更に特に↑の赤い衣装が彼女の中ではかなりポイント高いようです。

        しかし・・・母は洋楽&インスト派。
        更にJ-POPの中でも歌謡曲はほとんど聞かぬのですが・・・・・親父の血か、チッ。

        まぁでもAKBのお姉ちゃんたちみたいにかわいくなるなら許してやろう。
        精々頑張れ、我が娘よ。
        | FRB | 12:33 | comments(0) | - | - | - |
        Let's try again!
        0
          DLしてしまった・・・。
          (4月20日から配信)

          最初のMIX部分が「えらい乱暴なつなぎ方ですなぁ。」と思ったんだけどね。
          視聴進めて行くうちに、あら?なかなか、いや、かなり面白い!
          桑田さんと福山君はもちろん、久々にSASの横並びの図、とか、比嘉くん(BIGIN)が妙にハイテンション、とか、Perfurmがハラボーと私はピアノエフェクってる、とか、三宅さんや小倉さんもいい味出してます。

          なかなかコレ企画したPって、素敵やん?(by島田紳助)

          CDも5月25日に発売されるんだとか。収益金は今回の震災の義援金に回されます。



          もちろん支援先の復興協力が第一だけれど、
          そこに継続して賛同してもらうためには、作り手にも賛同する側にも、笑顔になれるような仕掛けは必要かなぁ…と以降の仕掛けについて、様々頭を巡らせているのでした。
          | FRB | 11:36 | comments(0) | - | - | - |
          懐メロ・メロメロ。
          0
            大型連休にステージの仕事が飛び込んできた。
            急なもんで、人員的に受けれるかどうかわからないんだけれど、
            怒○天に○-DASHにThe○レクターズと来たもんだ!(他にもいろいろね。)

            う〜〜〜ん・・・受けたい。受けたいったら受けたいっ!ジタバタジタバタっ!!!

            益子さんなんて、埃臭くて誇り高い男一代現役ロケンローラーの最後の世代かもしれないね。
            あんなカッチョいい歌詞はなかなか書けません。

            なんて、久々にYouTubeなんかググってたら、モンパチに辿りついた。



            そうそう、そういや、まだ稲村ジェーンで波乗りジョニーだったその昔。
            とある夏の昼下がり、とある海岸線の、とある防波堤で。
            『小さな恋のうた』 の 『サビ』 を口ずさまれて恋に落ちたことがある。
            ♪ほら あなたにとって 大事な人こそ すぐ傍にいるの ただ あなたにだけ 届いて欲しい 響け 恋のうた。♪
            ・・・くぅ〜甘ずっぺぇなぁ。
            | FRB | 00:31 | comments(0) | - | - | - |
            猟奇的な彼女 【リアル編】
            0
              韓流映画にありましたでしょ? 「猟奇的な彼女」
              アレ見て、「どこが猟奇的なん。」と不満に思われた方も多い筈。

              これぞリアル「猟奇的な彼女」きっとご満足頂けます。
              ただの絡みではございません。
              きっとアタクシと逆サイドにおられる方も必見でしょう。
              是非このエスカレート度合いにご堪能ください。


              ツンデレやるならこのくらいハート

              いやぁ・・・Maroon5サイコーっす。
              | FRB | 00:05 | comments(2) | - | - | - |
              やっと観れました。
              0
                久々にお休みで。

                と言ってもお家仕事中。
                マニュアルや企画書やたくさん溜まっておりまして。
                自業自得なんですけどね、種まき過ぎましたわ(笑
                イベント企画会社と銘打つのが恥ずかしいくらい、あまりに何も出来ていない現状に直面して、出来る事から手をつけたつもりが、ね。
                まぁでも収穫するためには、産休に入る前に会う人に会ってコネクションを作って、次のステージの準備もしておかなければ。

                ただ、自宅にいると多少は時間も融通が効く訳で。

                な、訳でやっとこさ『THIS IS IT』が観れましたとさ。
                いやほんとに今更ながら、世界はなんてエンターティナーをほんの小さな事故で亡くしたんだと。

                いや〜・・・やっぱWORKSと言うのは(あえて仕事とは言わずに・・・)
                『目的』 と 『こだわり』 がなきゃダメだって。 つくづく。
                もちろん私ごときの 『こだわり』 なんぞ、MJの足元にも及ばないけれど。
                あくまで目指す目標は高く(笑


                話は変わりますが、
                先日、担当しているチームのある選手から『ハイチ救援募金』に参加したいと申し入れがあり、自分たちのチームで何かできるようにイベントを仕組んでほしいと。
                自身にも、実施までの日程にも時間がないんだけれど、二つ返事で受けました。

                とりあえずどこかで『Heal the WORLD』は使ってやろうと目論み中。(極端にに個人趣味で)

                個人的には来シーズンに向けて、
                『あそこのチームのゲームは試合だけでなしに、イベント観るだけでも価値がある!』
                って来場者に言わせたいね。

                色んな事を止めるのは、他人でも環境でもない、自分自身ですわ。
                出来ないと嘆いて愚痴こぼす暇があったら、まずは小さな事からでも自分が出来る事を探すことだね。
                | FRB | 14:18 | comments(0) | - | - | - |
                Let's ShowTime!!!!!
                0
                  GORGEOUSでWILD、超HOTなステージへ。

                  ネオロカビリーの神様 『ブライアンセッツァー』 率いる 『ブライアンセッツァーオーケストラ』 

                  元々70年代に 『ストレイ・キャッツ』 と言うバンドから名を馳せた人なんだけれど、
                  90年代に入ってから 『ロカビリーとビックバンドオーケストラ』 の融合と言うオリジナリティを確立させている。  




                  基本はスウィングジャズがベースなんですが、そこにパンクテイストなロックンロールが加わり、盛り上がりは最高潮!!!
                  久しぶりにノリノリに踊りまくって来ました♪

                  そしてステージもさながら、このコンサート、来場者が凄く楽しい!
                  キャッツアイにレザーの鋲打ちジャケットにリーゼント。
                  ベイスターズの三浦投手みたいな人がい〜〜〜〜っぱい♪♪♪
                  それが団体でわんさか群れて溢れている、も〜このパンキッシュな風景サイコーッ☆▽☆♪
                  会場付近でもカスタムムスタングやキャデラック、超イカつい大型のアメリカンとかがブイブイ走ってる。
                  まるで 『アメリカン・グラフティ』 の劇中ですか?!ココはっ!って感じ。

                  更にShowが始まる前にも個人的なサプライズが・・・
                  ま、チケットが 『SOUL’d OUT 』 してなかったからねぇ・・・ってお後がよろしようで(笑
                  | FRB | 15:22 | comments(1) | - | - | - |
                  幸せな思い違い。
                  0
                    夜風に吹かれて歩いていると、どこからか、私の好きな曲が流れてきます。
                    ストリートミュージシャンがアコースティックギターで奏でていたのは、
                     『GILBERT O'SULLIVAN』

                    実は私、長い間この曲名を 『HelloAgain』 だと思い込んでいたのです。 
                    特に歌詞をじっくり気にして聴いたこともなかったのですが、覚え間違いしていた
                    『HelloAgain』 と言う題名からも、
                    彼の優しい歌声からも、きっととても素敵な
                     『人生にエール』 系の曲だと思い込んでいたのですが・・・
                    だって単純に
                     『また“こんにちわ”って言えるね。』 でしょ?

                    ところが・・・正しくは 
                    『AloneAgain』 ・・・・・・大きな間違いでした。

                    で、何気に歌詞を調べてみたら、も〜ビックリ! なんてなんて、
                    暗くて悲惨でネガティブな歌なんでしょう! 
                    逆に
                     『そんなに悲しまないで?人生悪い事ばかりじゃないわ!』 と慰めそうになる歌詞です。
                    (歌詞に興味のある方は 『続きを読む』 をクリックしてお読み下さい。一応、英/和共に掲載はしておきますが、
                    あまりに辛い歌詞なので、このページには掲載できません、私・・・)

                    ちなみに視聴はコチラから・・・ next 『AloneAgain』

                    そう言えば、同じような事が以前にも・・・
                    私はBOSSAでもSAMBA系の音がお気に入りで、中でも 『Tristeza』 と言う曲が好きなんですね。

                    とてもアップビートなブラジルらしいカラッと晴れた海辺の太陽がお似合い!と言う感じ曲なんですが・・・
                    ところが。
                    ブラジル語で
                     『Tristeza』 って日本語に訳すと・・・ 『悲しみ』 だったんです。 
                    もちろん、歌詞の内容も・・・
                    せ・切ない・・・。 (同じく次ページに記載)

                    視聴はこちらから next 『Tristeza』

                    とは言え、未だにどちらの曲も好きなんですけれど・・・ついついじっくり歌詞を聞いてしまう・・・。
                    思い違いをしたままの方がよかったかしら、と思う今日この頃です。





                    続きを読む >>
                    | FRB | 10:49 | comments(0) | - | - | - |
                    峰不二子。
                    0
                      このサイトの題名になっている 『LOVE SQUALL』 は、ある曲の題名です。
                      作詞は、槇小奈帆。 彼女は作詞家とシャンソン歌手二つの顔を持つ、アーティスト。

                      そう。彼女が作詞したこの曲は、永遠の女性
                       『峰不二子』 愛のテーマソング。

                      抜群の運動神経と美に魅せられたヴォルーズ、
                      抜群のスタイルと芳しい色香を放つ姿は、コケティッシュで小悪魔的。
                      そして、一匹狼で徒党を組まないスタイル。
                      謎多き女性、峰不二子。
                      でもちょっぴりオッチョコチョイで、妙に人間臭い部分もあるんですよね。
                      そこが、またとても魅力的で。

                      槇小奈帆が 『峰不二子のテーマソング』 を依頼された当初、
                      彼女は峰不二子どころか、ルパン三世の存在すら知らない上に、締め切りは2・3日後。
                      鹿児島行きの飛行機の中で、渡された曲調のロマンティックさは気に入ったものの、
                      どうしても、その曲と峰不二子のキャラがが合致せず、頭を悩ませませること数時間。

                      ところがその日、彼女が鹿児島空港に着いた途端、雲行きが怪しくなり、
                      直後、南国特有のバケツの水をひっくり返したような物凄いスコールに見舞われます。
                      その時、閃光のようなインスピレーションが頭の中に生まれたのだとか。

                      彼女曰く、
                      パッション・エモーション共にパーフェクトだったと。

                      今も彼女はコンサートの際には必ずこの
                       『LOVE SQAULL』 をステージで
                      甘く切なく、そして情熱的に歌っています。
                      | FRB | 01:10 | comments(0) | - | - | - |
                      PR
                      New entries
                      Recent comment
                      Recommend
                      LIVE THE LIFE I LOVE
                      LIVE THE LIFE I LOVE (JUGEMレビュー »)
                      THE BAWDIES
                      メジャーになると思ってたよぉ。

                      癖があるのに使いやすい、あらゆるイベントシーンにマッチ!
                      Profile
                      Categories
                      Archives
                      Links
                      Admin
                      Genius Party